卒業。桜。別れ。

今日はなんだかとても暖かくて、そして桜が綺麗だなと素直に思えた日だった。
電車の車窓から見える桜がとても綺麗で、そして街を歩くと卒業式後と思われる袴姿の大学生たちがたくさんいて、そうか今日は卒業式がたくさんあるんだなと思った。

毎年3月は大体が切ない思いがしんみりとやってくる。別れの季節。いろんな関係性が変わり、終わる。

そんなことを思いつつ、卒業式の、あのなんとも言えない甘酸っぱくて爽やかな思い出が蘇る。

学生時代、友人の女の子と色々あって、もともと仲よかったけどひょんな事から一晩一緒に過ごしたことがあった。

でも夜が明けて朝になってからなんだかお互い気まずくなって、その後結局まともに会話することなく日々が過ぎていった。
キャンパス内ですれ違ってもお互い気づかないふりして、みたいな。大学3年生の夏の事だった。

そして時が過ぎ、卒業式が終わって謝恩会の席でその子に話しかけられた。
「一緒に写真撮ろう」と言われて、「お、おお」みたいなリアクションで二人で写真撮った。

その写真はいまだに僕のアルバムに残っている。その後彼女がどこでどうなったのかは知らない。大学院に行ったような気がするけど、覚えていない。

ゲスっちゃゲスな話だけど、それでも卒業式マジックがどーんと現れた一瞬だった。

桜。別れ。3月。

寂しいなあ。

四月になれば彼女は。


3月という季節の独特のソワソワ感って、ある。

4月から始まる新生活へのワクワク感が、冬を抜けた陽気とともにじわじわとやってくる。

でも僕にとって、やっぱり3月は別れの季節。僕は諸行無常が座右の銘なので、別れなんてあって当然だと思っているし去る者は追わない主義なので別れそのものに大した思い入れはない。

でもねえ、やっぱり一抹の寂しさはある。お別れする皆さんがこれから住む世界に、僕という存在は多分あんまり含まれていない。勿論逆も然りなんだけど、お互いがお互いで新しい世界を持ち、僕とはもう関係がなくなっていく。

ずっと続く縁なんて、ない。続けようと思わなければ、縁なんてぷっつりと、あっさりと切れてしまう。

そんなことを思いながら、僕は鼻をかむ。
今年は花粉がやばい。

そんなに名誉って欲しいんですかね。

人が働く理由とかモチベーションなんて人それぞれだと思っているし、多様性があっていいと思っています。
でもそれでも「否定はしないけど理解は到底できない」ということってあるもので。

出世とか名誉とか待遇って、そこまで大事なんですかね。
もちろん出世した方がいいだろうし何より給与面が上がるのはそりゃ羨ましいんだけど。

僕は、カッコつけるつもりはまるでないけど、嫌いな仕事で給料が高いくらいならやりたい仕事で給料低い方がいい。
もちろん、低いの程度はあるけれど。

みんなに褒められたからなんなんだろう、と思ってしまう。社外とか市場とかユーザからの評価だったら気持ちいいけど、出世とかって結局社内の評価じゃないですか。
そればっかり気にしてて、昇進することが目的化している仕事って、辛くないか・・・?

え、だって1日10時間は働くとして、それが一年間で240日続くんでしょ・・・?

それ、辛くないですかね・・・??よく耐えられるわ・・・。

クレーマーに会いました

いや、なかなか。

なかなかでした。

クレーマー。僕、飲食店とかでバイトしたことなかったし、これまでの仕事も大企業相手が多かったから、基本的に紳士を相手にすることが多かったんですね。

で、昨日ですよ。大声で罵声を浴びせられ、さらに蹴られました。二発。

今時こんな人、いるんだなーと思いました。怒ってる理由が「案内がわかりづらい」ですからね。
まあそりゃ僕らも少しは悪いところもあったと思うけど、そこまで怒ることかねえ、と。

その人の職業、教師ですよ。こんなのが教師してんのかと思いましたけどね。

民度って、大事だなと思いましたです。

人と人とは違う。

まあ、当たり前なんだけど、人と人は違うんだなと思う出来事がありまして。

僕が思っていること、感じていること、考えていることが、相手が一緒だとは全く限らない。

一緒の方向向いていると思っていたけど、そうじゃない。

でもそれは仕方ないことで、相手だってそう思ってるかもしれないし。

それを認めてあげれないのは、受け入れられないのは僕の弱さだなと思いました。

ちょっと辛い時間がもう少し続きそうです。

繋がる縁と、年賀状。

昨年から会社での年賀状が禁止になったからか、今年は僕自身も年賀状を書かなかったし、正月になって届く年賀状の数も極端に減った。

届いた年賀状は生命保険や不動産の営業さんからの年賀状がほとんどだったのだけど、何枚か知人からの年賀状も含まれていて、その中に僕が昔好きだった人からの年賀状が。

学生時代に好きだった人で、結構色々あったけど付き合うということはなく、縁が切れたと思ったら社会人になってお互い上京して街中でばったり会って再会。おまけに住んでるところも近所で帰りの電車でも何回か偶然会う、という奇妙なご縁。

学生時代は本気で恋い焦がれていて、僕の人生の中でもっとも影響を受けた人だといまだに思っている。じゃあ未練があるかというとそんなことは全くなく、実際再会して食事に行ったときも何も思わなかった。

このご時世なのに、僕は彼女のSNSアカウントを一つも知らない。知っているのはお互いの住所のみ。だから年に一度、こうして年賀状のやりとりをすることくらいしか僕は彼女と繋がる手段を持たない。ちなみに住所を見る限り、今も家は近所のようだ。

年末になると年賀状を慌てふためいて書いていたものだが、ここ最近はもうそれもない。年始になってLINEで新年のご挨拶とか届くご時世だ。年賀状なんてもう時代遅れなんだと思う。

でも、それでもこうして繋がっているご縁があるのはなんだか嬉しいことだなあと、そんなことを思いながら僕はお汁粉をすする。

これが私の生きる道。

12月が激動すぎて本当にいろんなことがあったのだけど、年末の最後になかなかな出来事が起こってしまったのです。

割と真面目に自分の人生を左右しかねないなと思っていて、僕は今、選択を迫られています。

理屈で考えるのがいいのか、あるいはエモーショナルな判断をすべきなのか。

でも結局、僕は感情で判断すると思うのです。それがいいかどうかはわかんないしわかりようもないけど、自分の人生においては感情を意地で通していく生き方になるんだと思うのです。

何人かに相談したけど、まだ答えは出ない。いや、出てるんだけどそれが正しいのかどうかわかんない。

年が明けたら、全てが解決してればいいのにね。

思い出は何に宿るか。

久々に清水寺の夜間拝観に行きました。
何度か行ったことがあるし、色んな人(女の子)と行ったけど、最後に行ったのはいつぶりだろう。学生時代だっけ?社会人になってから行ったっけ・・・?

行ったことがある人ならわかると思うんだけど、清水寺の夜間拝観はなんと言うか独特の雰囲気があって、例えるなら「年末感」がある。

勿論景色も綺麗なんだけど、やっぱり醍醐味はあの「雰囲気」だと思う。あーこの感じこの感じ。いつか見たあの風景。

目の前に広がるライトアップされた紅葉。
周囲の人々のざわめき。
肌を刺激する痛いような寒さ。

五感で感じる雰囲気。その時間全てが思い出。

と言うわけで、夜の清水寺は最高なので皆さんも是非行ってみてください。
次は3月かな?

あ、写真、更新しました。

photo

痩せマッチョになりたい

のだめカンタービレの映画版をamazon primeでダラダラ見ていると思うわけですよ。

玉木宏、かっけえなあと。

いや、顔面レベルが既に雲泥の差があるので別に玉木宏に憧れてるわけじゃないんですけど、僕にはとっても深い悩みがありまして。それはつまり体のことです。

筋トレを1年半くらい前からやっているので、その前に比べたらだいぶ体は締まって来ているのですが、僕はそもそもが骨格が太いのですね。なのでいわゆる痩せマッチョにはならず、「ごつい」見た目になってしまうのです。

特に大胸筋と型、腕周りがごつい。もともとボクシングやってたせいか、上半身は鍛えるとすぐにゴツくなる。だからシャツがきついんです。真面目に去年着てたシャツが入らなくなったり、ボタンがパツパツで巨乳タレントみたいになってたりする。

こないだ久々に会った人からは「ただ単に太ってるように見える」と言われる始末。
違うんだ、僕は別にボディビルダーになりたいわけじゃないんだ。玉木宏みたいにスレンダーになりたいだけなんだ。

今日、冬物の服を買いに街に出ました。そう言えば玉木宏がニットにジャケットをさっと着こなしていたので、僕もニットでも買おうかなあと思ったのです。

ところがどっこい。試着して見て自分の姿に驚き。完全に膨れている。薄手のニットのはずなのに、膨張している。これは、あかん。

しょうがないので今年はニットは諦めました。代わりにユニクロのヒートテックを買ってみました。ニットが着れないならインナーで防寒対策をするしかない、と言う苦肉の策です。

痩せマッチョになりたいのです。

学園祭と幻想

今日は仕事で一橋大学の学園祭にお邪魔して来ました。僕の出番は打ち合わせ含めて3時間くらいだったからお昼すぎにはもう仕事は終わって、ふらっと学園祭を回ってみました。

思えば僕は、高校時代も大学時代も学園祭が好きでした。コミュニティとか人間づきあいは大嫌いな癖に、学園祭は好きでした。イベント毎が好きなのかもしれません。そういえば社会人になった今でもイベント系の仕事はテンション上がるしね。

僕は高校時代、大学時代通じて体育会活動だったので学園祭でやるのは出店です。餃子、焼き鳥、豚汁、おしるこ、安く仕入れてそこそこの値段で売る。値引きとかもその場のノリですぐ対応する。普段は人と話さない僕が、売り子やる時は率先して声出す。我ながらこれはなんだったんだろうなあと思う。今更ながらね。

さて、一橋大学のキャンパスは広すぎず狭すぎず、紅葉がとても綺麗でとっても良い雰囲気でした。パンフレットにお酒禁止って書いてあった。そーなんだ、最近の学園祭はどこもお酒禁止なのかな?まあ、コンプラとか締め付けが厳しい昨今の世相を考えると当たり前なのかもしれないけど、なんだかそれってつまんないなあと思う。僕、お酒飲めないけど。

でも、なんか、楽しそうにしてる学生たちを見ていてどっかで寂しい気持ちもしたものです。なんと言うんだろう、この時間はずっと続かないと言うか。僕にも過去があったように、ここで楽しそうにしている学生たちもいつかこの瞬間が過去になる。

どんな楽しい思い出も、どんなに声出して笑っても、それらは全て一瞬出過ぎちゃうし結局後には何も残らない。

ああ何を言ってるんだろう僕はとか思ってしまうんだけど、思っちゃったもんは事実だから仕方ない。

秋だからかな。秋だからだ、きっと、このセンチな気持ちは。